【ビットコイン入門者必見!】ビットクラブの基礎知識とよくある質問

ビットクラブなどのセミナーに参加していれば、マイニングやブロックチェーンなど、基礎的な用語は既に理解されていると思います。今回ご説明するのは、ビットクラブについてです。仮想通貨やブロックチェーンについて勉強しただけでは、ビットコインによるメリットを得ることができません。ビットコインの本当の利益を得るためにはビットクラブの理解が必ず必要です。それではビットクラブについてご説明いたします。

 

ビットコイン投資を始めたい方はこちら!】 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録

 

ビットクラブに関する基礎知識

ビットクラブというのは、マイニングという技術を利用してビットコイン(仮想通貨)を自動的に増やすことができるマイニング専用PCのレンタル投資サービス会社のことを表しています。マイニング専用PCのレンタル投資といわれても、少しイメージしづらいでしょう。ビットコインというのは、基本的に最新チップのコンピューターを利用して自動的にマイニングしていきます。

これによって、自動的にお金が増えていきます。つまり、レンタル料金を支払うことで投資利益を得ていることになります。マイニング専用のPCをレンタルするためには、5万円ほど必要ですが、単純計算で1,000日ほど放置すれば16万円の収入が増える計算となります。そのため、35万円を投資して、マイニング専用のPC用運用すれば100万円ほど、投資利益を得ることができます。この収入を得るために、専用のスキルも知識も全く必要ありません。

 

ビットクラブで利用されるマイニングプールとは?

ビットクラブのセミナーに参加すると、マイニングプールという言葉を聞くことはないでしょうか?一般的にマイニングには、膨大な計算が必要なため、高価なコンピューターを何台も利用して、正確な計算をしていくことになります。そうなると、私たちが想像する以上に電力を消費していきます。また、高性能なコンピューターを利用するため、設備投資もただごとではありません。

ビットコインが始まった当初、マイニングは個人によって行われていました。しかしながら、今ではあまりにも負担が大きくなってしまうため、資金ある企業がグループで行うようになったのです。このように、マイニングを実施しているグループのことを、「マイニングプール」と呼んでいます。実際に、マイニングに参加している組織をグラフによって確認することができます。

https://blockchain.info/ja/pools/

 

グラフを確認すると、ビットクラブだけ見れば、全体の5%ほどしか確認することができません。しかしながら、「BitFury」と呼ばれる企業と提携状態にあるため、全体の数字からすれば14%を占有することになります。つまり、全体の14%を毎日マイニングしていることが分かるデータとなります。このようにデータを見れば上位10位前後であることも分かります。また、個人でビットコインのマイニングに参加できるという他では見たことがない特徴がありますので、他と比べても、このようなサービスがあるのはここしかないということを覚えておきましょう。

 

ビットクラブネットワークとは?

ビットコインについて勉強していると、ビットクラブネットワークというものが登場します。上記で、ビットコインが登場した頃は、個人がマイニングを実施し配当を受取っていたと説明しました。今はインターネット技術が向上し、コンピューター同士が連携し、マイニングを代わりに行っています。企業はマイニングするために集まったマイニングプールと呼ばれる組織の中で、インターネットを通したマイニングによるつながりのことをビットクラブネットワークと呼んでいます。

マイニングを実施しているビットクラブネットワークに参加するためには、自分が会員になる必要があります。つまり、あなたがビットクラブネットワークに参加して、会員数を増やしていくことで、紹介報酬を受けることができます。また、紹介人数が多くなれば、報酬アップなどのサービスも受けることができます。

 

ビットクラブに寄せられる様々な質問に回答する

ビットクラブには、多くの方から疑問点に関する質問が送られてきます。ビットクラブの組織には、会員数がたくさんいるというわけではありません。また、ビジネス展開的にも、成長過程にあるといえます。そのため、お客さまから多種多様な多くの疑問が寄せられます。今回は、どこよりも分かりやすく、初心者目線で質問に対して回答していきたいと思います。

 

ビットクラブネットワークに参加する方法とは?

多くの方が、ビットクラブネットワークへの参加方法が分からないと思われているようです。ビットクラブネットワークに参加したければ、支払いに利用できる仮想通貨であるビットコインを入手する必要があります。ビットコイン以外は、利用されていませんので、あなたの住んでいる国によりますが、その国で利用されている通貨をビットコインに換金します。換金したビットコインを利用するために、ビットクラブネットワークにサインアップを行っていきます。アメリカ合衆国のドル通貨となっていますので、製品の標準価格というものが存在します。基本的に金や銀などの不換紙幣・不換貨幣(フィアット・マネー)については、受け付けていません。

また、サインアップを行うためには、1度だけ入会金を支払う必要があります。$99USDを支払うことで、ビットクラブネットワークへの永久的なアクセス権とマイニングプールシェアと仮想通貨に関する様々な機会に参加する権利が与えられることになります。その他の様々な製品を購入するためには、アカウントを有効化する作業を行う必要があります。その作業の前提条件として入会金を必ず支払う必要があります。

 

ビットコイン投資を始めたい方はこちら!】 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録

 

ビットコインはどうやって購入するの?

ビットクラブの会員になるのはいいけれど、ビットコインの購入方法が難しいのではないかと思っているのではないでしょうか。ビットコインの購入方法は、人それぞれ多種多様な方法が選べます。それぞれの選択肢というのは、あなたがどのような場所に居住しているのかによって左右されます。

現在、ビットコインは世界中で興味を持たれつつあります。そのため、様々なビットコインの購入方法について、いろいろと探せば見つかります。まず、ビットクラブに参加された方に、行ってほしいことがあります。それは、ビットコインウォレットを設定するということです。あなたの住んでいるところがATMネットワークを利用できる場所であれば、そこからビットコインを購入することができます。これがビットコインを最速で購入する方法です。ビットコインを購入する方法は様々存在しますので、色々なサービスを紹介したいと思います。

 

ビットコインの購入先一覧〉

 

【コインチェック】仮想通貨取引所として初心者でも簡単に取引ができるおすすめの取引所になります。国内の取引所として、利用者も多くアフィリエイトが可能なため紹介手数料を得ることができます。

【ビットフライヤー】ビットフライヤーは、ビットコイン保管に高いセキュリティ環境を整えていることを強みとしています。こちらも上記と同様に国内の取引所として、利用者が多くアフィリエイトが可能です。

【LocalBitcoins.com】誰かと直接会うことができたり、ビットコインに交換する際に別の支払い方法を選べたりします。

【Romit】世界規模の大型のATMネットワークであるため、様々なビットコインATMを検索することができます。

【Coins.ph】フィリピンに居住されている方にお勧めしたい、非常に魅力的なサービスです。

【Bitpesa】アメリカ合衆国に居住されているのであれば、最も簡単に購入できる方法です。

 

今回、上記でご紹介した方法以外にも様々な換金方法がありますので、自分が利用できる取引所またはウォレットを選択していきましょう。

 

ビットコインのアカウント・ウォレットの設定方法が知りたい

ビットコインウォレットですが、自分で設定していく必要があります。様々なオプションがあるため、人によっては設定の意味が分からないという方もいるでしょう。このオプションは、どのような銀行を選びたいか選択するようなもので、ビットコインウォレットは、同じようなサービスが提供されています。無料ということもあり、あなたが信頼できそうなものを選ぶと良いでしょう。紙面のウォレットやパソコンの中に収納できるウォレットも存在しています。選び方によってはオフラインで利用できるものも存在しますので、自分の生活に合わせて選んで行きましょう。また、仮想通貨である以上、セキュリティに気をつけたいところです。ビットコインウォレットではお金をやりとりするため、セキュリティ上でもお勧めできるところをご紹介します。

 

〈お勧めのビットコインウォレット〉

【Bitcoin.org】これが、基本的なビットコインウォレットです。

【BlockChain】世界規模で運用されている技術で、個人的に最もお勧めできるサービスです。

【Xapo】安定したセキュリティと世界規模の技術、金庫室が提供されるサービスです。

【Circle】もし、ビットコインの購入の際に、デビットカードやクレジットカードを利用するのであれば、非常にお勧めできるサービスです。

【Coinbase】あなたが、アメリカ合衆国に居住されているというのであれば、銀行振り込みの際に間違いなくお勧めできるサービスです。

【BitStampEU】銀行振込に対応しているため、EUのお客さまにとっては非常に嬉しいサービスとなっています。

【Coins.ph】こちらはフィリピンのサービスとなりますが、ATMネットワーク付きの最先端のビットコインウォレットとなっています。

 

ビットコインウォレットについてご紹介しましたが、あなたの地域でも使いやすいサービスが見つかる可能性がありますので検索してみましょう。特に、売却や購入が簡単にできるものをお勧めします。

 

ビットコインの資産価値は、どうやって知るのですか?

ビットコインなどの仮想通貨を扱った経験がないと、資産価値をどのように調べれば良いか分からないと思います。ましてや、投資経験などがなければ、想像もつかないでしょう。ビットコインの資産価値を確認する方法は非常に簡単で、下記にアクセスしてください。すると、1ビットコインあたりの資産価値を確認することができます。

 http://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin/#charts

 

ビットコインネットワークでは、しっかりと返金制度が導入されていますか?

世の中のサービスを見渡すと、返金制度が導入されているけれど、全く返金制度が機能されていないということがあるでしょう。ビットコインネットワークでは、お金のやりとりを行うため、非常に厳格な返金ルールが存在します。なぜ、そのような返金制度を導入しているかというと、マイニングプール報酬が支払われるスピードと運用体制が大きく関係してきます。

一般的に、どのような角度から見ても明らかに間違っている事がない限り、ほとんど返金される事がありません。基本的に返金要求は、支払いを行ってから72時間以内、つまり3日以内に発生する可能性があります。このとき返金の要求が、先ほどの期間内になければ、要求を出したとしても認められることはありません。しかしながら、別のプションをオファーするため、代替案を利用することができます。

 

マイニングプールを買い取ることはできますか?

ビットクラブに参加して、ビットコインを得ているとマイニングプールを買い取れないかと、疑問に思う方がいるようです。実は、ビットクラブの買取オプションと呼ばれるものがあります。こちらは返金によるオプションではありません。マイニングプールでシェアして購入したマイニングの機器を所有することを要求するものです。結果的に、すべてのプールで将来的に発生していたマイニングによる収益を自動的に喪失することになってしまいます。このときの喪失は、補償システムからのいかなるコミッションの収益も含まれることになります。この買取オプションを利用する場合、買取要求を出した時点のハッシングパワー合計を出荷することになります。これにより、あなたはマイナーを完全に所有することができ、機械に付属している残りの保証まですべて受けることができます。

 

この買取オプションを利用すれば、あなたはマイニング機器のオーナーとなることができます。それゆえ、発生する問題はすべて自己責任となります。もし買取オプションを利用したいというのであれば、サポートチケットを開き、アカウントの評価を要求しましょう。手数料や送料に関しては、すべて自己負担となります。

 

ビットクラブネットワークのマイニングを確認することはできますか?

ビットクラブネットワークには、公共のマイニングプールが存在するため、自分でマイニングを確認することができます。下記の紹介ページでは、ハッシングパワーをリアルタイムで調査することができます。

https://www.bitclubpool.com/

ビットクラブに参加する組織が拡大していくことで、必ずマイニングプールは広がることになります。そのため、ビットクラブネットワークのプールウェブサイトに今よりも大きなハッシングパワーが追加されることになります。そのような情報をリアルタイムで確認できますので、確認場所を覚えておいてください。今よりも大きなハッシングパワーを所有できれば、たくさんのブロックを日間/週間ベースでヒットさせることができます。他にも、第三者サービスを利用すれば、ビットクラブネットワークのプールを確認できます。

 

BlockChainでBitClubプールを確認する場合は、下記にアクセス

https://blockchain.info/pools

BlockTrailは、詳細記録を確認する場合は、下記にアクセス

https://www.blocktrail.com/BTC/pool/bitclubnetwork

 

ビットクラブのマイニングプールの仕組みを教えてください

まず、ビットクラブのマイニングについて理解されていないと、マイニングプールの仕組みを理解できませんので概略を説明していきます。ビットコインのマイニングは、一般的に10分ごとに25ビットコインという新規のブロックが、ハッシング中のネットワークの誰かが発見することになります。新規のブロックを見つけるためには、暗号学的ハッシュ関数を利用して簡単な数学を解いていかなければいけません。これらの計算を確認するためには、ビットクラブのプールウェブサイトにアクセスし、プールスタッツ欄を確認しなければいけません。この欄を確認すると、ラウンドでのシェア合計が表記されています。つまり、最終ブロックの計算が解かれたあと、何回問題を解こうとしたのかということが表示されています。

また、すぐ上の部分を確認すると、そのブロックの難易度を表示しているコラムもあります。この数値は、ネットワーク全体を考慮した場合、正解を当てて25ビットコインをもらうためには、平均して何回の計算を行う必要があるのかということを表記しています。当然、ハッシングパワーが大きければ大きいほど、問題の正解にたどり着ける可能性が高くなります。難度とラウンドのシェア合計を比較して同じであるならば、理論的にヒットできる可能性があるという意味になります。

こればかりは、運による要素もあるため、ブロックが見つかる前に実際に必要になった回数を調査する必要があります。同じページの下にある表を確認してください。ビットクラブネットワークのプールで見つかった、それぞれのブロックの一覧が表示されているでしょう。難度と表示されているコラムに、正解するためにブロックをヒットする前に機械が実施した本当のハッシュ回数が表示されています。

この数字を確認すれば分かりますが、運のついているときや不運であることもあるため、1つのブロックを発見するまでに100%の難度を超えてしまう可能性もあります。様々な要因が関係してきますので、これらの数字は変化します。しかしながら、長期的に平均化していきビットクラブネットワークのハッシングパワーが今よりも大きくなり広がっていけば、ブロック間の分散が少なくなるでしょう。これらの情報は、ビットクラブのホームページで、時間を問わず、すべて確認できます。

 

マイニングの報酬は、どのように支払われるのですか?

ビットクラブに参加し、マイニング報酬を得ることができた場合、ある日にまとまって支払われるわけではありません。実は、毎日報酬が支払われています。しかしながら分散という要素が関係してきますので、前の10日の平均をもとにして支払われることになります。そして次の10日間で調整が行われます。プールのシェアを購入した場合は、基本的に10日間ビットコインを稼ぐことができません。なぜなら支払いを安定させるために、新しい機器のインストールや購入に猶予を与えるためです。最初の10日間を乗り越えれば、毎日ビットコインを稼ぐことができます。

マイニングされたビットコインの比率を毎日稼ぐことができ、すぐに引き出すことができます。このとき、別の比率が自動的に保留されますが、維持費や電気代、新しいマイニング機器の購入費、ホスティングなどを賄うために利用されます。それぞれのプールには最低限の比率というものがあり、コールドオーバー額に関しては、設定されたしきい値に達した時に、追加シェアの形式で償還されることになります。それぞれがプールでは、自動的にそのプールの合計シェアコストが0.5%に達したとき、部分シェアを再購入することになります。数日ごとの比率を払い戻しながら1000日間、あなたのシェア合計が上昇するのを確認できます。

 

ビットクラブネットワークのオーナーは、どんな人ですか?

ビットクラブネットワークは、直接的なオーナーの手元にあるというわけではなく、ビットコインマイニングエキスパートやプログラマー、投資家のグループでネットワークマーケティングのリーダーと一緒になって、非常に簡単な紹介型マイニングプールをオファーしています。その結果、欠点が見当たらない分散型の企業構成が生み出されたといっても過言ではないでしょう。誰もが自分の大切な役割を重要だと認識しており、素晴らしいチームによって構成されています。そのため、プールシェアを所有している誰もがビットクラブネットワークの一部を所有し、皆で共有しているということです。

 

ビットクラブネットワークの拠点はどこですか?

もし、ビットクラブネットワークの所在地を知りたいというのであれば、不可能と言えるでしょう。なぜなら、ビットクラブネットワークは、様々な場所に存在しているからです。ビットクラブ自体が世界中で運営されているものですので、所在地を探るということは不可能です。どこかを所在地に決定してしまうと、ビットクラブの運営に問題が発生したり、閉鎖する要因を引き起こしたりする可能性があるため、ビジネスを失敗に終わらせないためにも拠点が存在しないのです。

また、ヨーロッパ中に複数のマイニング場所とオランダに新設備が存在します。ビットクラブネットワークのメインホストサーバー、マイニングプールサーバーは、オランダに存在しています。冗長施設に関しては、スイスと香港に存在します。これらを運用するプログラマーたちは、遠隔操作で作業を行い、サポートスタッフに関しては在宅で仕事を進めているため、物理的なロケーションは存在しません。

そのため、ビットクラブネットワークでは、完全な仮想運営が実施されており、分散型配信型のネットワークを利用することで、今まで一般的とされていた会社体制を必要としないのです。ビットクラブネットワークは、上層部の組織によって利益が吸収されるということもないため、ビジネスで発生した利益をビットクラブのメンバーに還元しているということです。

 

ビットコイン投資を始めたい方はこちら!】 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録

 

ビットクラブネットワークの仕組みは、ポンジスキームなどの詐欺と同類のものですか?

ビットクラブネットワークは、資金運用をすると謳っておきながら、お客さまからお金を集めるようなポンジスキームは、絶対に行いません。また、ポンジスキームには、製品という概念が存在しません。一種のマネーゲームであり、他人からお金を収集し、最終的にはすべて消滅させてしまいます。ビットクラブネットワークは、誰もがマイニング機器を購入することでマイニングを実際に行い収益を得るため、本当の可能性が現実的にあります。ビットクラブでは、マイニングに関してできるだけ透明性を実現するようにし、Blockchainによってすべてを調査し、マイニングプールの運営をリアルタイムで確認できます。ビットコインの良いところは、すべての記録を誰もが管理できる公共台帳があるため、だましたり、詐欺をしたりすることができないということです。

 

ビットクラブネットワークは、投資収益率(ROI)を必ず保証してくれますか?

投資収益率(ROI)必ず保証するということは絶対にありません。サービスをご利用いただく前に、事前に確認していただきたいポイントとなりますが、マイニングシェアは、一定の投資収益を保証していないということです。実際、ビットコインのマイニングというのは、非常に複雑な動きをしており、難度の項目を確認すると10日ごとに常に上昇しています。これが何を表すかというと、常に新しいハッシングパワーが参入していることを意味しています。そのため、投資収益率の正確な数字を出せる人というのは、世の中に1人も存在しません。ビットコインを入手するためには、日々の維持費を支払い、再購入という過程を繰り返すしか方法がありませんので、投資収益率は必ず保証できないと理解しておいてください。

 

一定の投資収益率を提示している会社はありますか?

もし、ビットコインの業界において、一定の投資収益率を提示しているところがあるのであれば、それこそ上記で説明したポンジスキームである可能性が高いです。クラウドマイニングであることを提示しており、一定の収益率でビジネス展開を行っているのであれば、注意してください。クラウドマイナーの中には、本物のハードウェアで裏付けている人もいるのですが、パワーが仮想であるということから、調査が非常に難しいという現実があります。

この業界の正直なところを申し上げれば、クラウドマイニングを実施している企業がほんとにマイニングできているのかということを知る方法がないのです。そのため、何かしらの契約を交わす際は、非常に透明性がある会社以外、絶対に選んではいけません。透明性のない会社を選ぶと、トラブルが発生する可能性が非常に高いです。また、ビットクラブネットワークは、クラウドマイニング会社ではありませんので、安心してご利用いただけます。

 

ビットコインのマイニング機器とは、どのようなものですか?

ビットクラブに参加されていない方であれば、マイニング機器というものがイマイチ分からないと思います。マイニング機器について、分かりやすく説明すると、ハッシング機能を実行するためにカスタマイズされている、特別なコンピューターハードウェアを表しています。これらのコンピューターハードウェアは、相互につなぎ合わせることができ、ビットクラブネットワークにプラグインすることができます。マイニング機器というのは、ハッシング機能を扱うためにデザインされているASICチップのことです。機器は、チップを冷却する効果を発揮したり、パワーを供給したりする機能があります。

 

ビットクラブネットワークでは、新しい機械を購入して、ビットクラブに参加しているメンバーに代わって、購入したパワーを利用しています。ビットクラブネットワークで利用されるマイナーのほとんどは、世界でもトップレベルのマイニングギア販売業者であるBitmainです。先ほど紹介した企業と特別な契約を結ぶことで、特別価格で購入し新サーバーを展開することもできます。また、古いマイニング機器に関しては、Bitmainの流通市場を利用して清算することができるため、利益を最大化することができます。

 

一方で、マイニング機器を売却するということは、メンバーが自分のマイニング契約を買い取ることで、購入したマイニング機器の所有者になるチャンスを提供していることになります。この過程は、ハッシングパワーの合計と既存シェアの価値に基づいたもので成立します。また、自分のマイナーを所有し、契約をキャンセルすることも常時選ぶことができます。これは返金をしているわけではなく、将来における収益を手放して、マイニング機器を所有することで、自分でマイニングしたり、機器を売却したりするという意味を持ちます。このようなことを実施する際は、個々で見積もりを行う必要があるため、自分でお問い合わせくださいませ。

 

請求書に、保留確認と記載される理由を教えてください。

ビットコインウォレットから請求内容が明記されたビットコインアドレスにビットコインを送金するとき、決済済みになるまでに、6回確認されることになります。この過程を完了するためには、通常であれば10分から1時間程度必要となります。6回目の確認を受け取ると、請求書に支払い済みと記されてコミッションが継続されます。6回の確認を実施するために、非常に時間を要することがあります。もし、マイニング手数料を設定できるウォレットを利用しており、手数料が無料の場合、3~4時間必要となることがあります。言い換えれば、マイニング手数料高く設定することで、確認が早く進むのです。

一方、それに代わる冗長システムもあり、ブロックチェーンで3回の取引を確認していきます。言い換えれば、ビットコインをアドレス帳に送ることで、即座に表示されない場合、最初の12時間以内に再試行が行われます。そして、72時間以内に2回の再試行が行われます。これらの時間が経過しても変わらない場合は、ビットクラブにお問い合わせください。そのようなことが発生した場合、ブロックチェーンを手動で調査していきます。

 

ビットクラブでビットコインのマイニングが成功しているのに、利益を共有する理由を教えてください。

上記で説明してきたように、大きな企業がマイニングに参加するようになって、小規模なレベルのマイニングでは利益を生むことが難しくなっています。ビットコインが始まった当初、自宅にある自分のパソコンを利用して、マイニングを行い、収益を上げていました。実際に、ブロックをヒットさせることも十分できていました。しかしながら、現在では、何百万ものマイニング機器を利用したとしても、1人でマイニングを行い、収益化するまでには規模が小さすぎるのです。

そのため、ビットコインと関連する業界は、プールでマイニングを行い、収益を上げる仕組みに変更されていきました。今後、ビットコインで収益を上げるためには、間違いなく巨大な購入力が求められます。そのため、ビットクラブネットワークに参加する、お客さまの力が本当に必要なのです。ビットクラブのビジネスモデルは、個人の投資家たちから何百ドルもお金を調達する代わりに、メンバーがお金を出し合うことで大量購入できるような仕組みになっています。マイニングを実施するハードウェアにとって、非常に大きな割引となると同時に、電気代が安くなります。そのため効率的なマイニングが実現可能となるのです。

 

ビットクラブの仕組みは、結果的に誰もが利益を得ることができますか?

このままビットコインの市場が順調に成長し続ければ、世界最大のプールが完成することになります。ビットクラブに参加するメンバーが、電気代や維持費などのマイニングコストを賄うことで、非常に効率的な仕組みができているのです。マイニングされたすべてのビットコイン収益の一定の比率の金額を再購入費用として利用することで、自分の財布から1円もお金を支払うことなく、運用していることになります。このような、自動的に収益が積み上がるオートシップは、参加するメンバー全員に利益があることになります。だからこそ、ビットクラブは、世界最大のプールになれると信じているのです。

 

ビットコイン投資を始めたい方はこちら!】 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録

 

ビットクラブに参加すると、報酬が入る7つの理由

これからビットクラブに参加することでどのようなメリットがあるのかについて解説していきます。この内容を理解すれば、具体的にどのような場所からボーナスが発生するのかということを把握できます。ボーナスが得られる方法が分散化されているため、リスク分散型の投資であることを納得していただけるでしょう。

 

ビットコインの入手のために実施するマイニングは、保険的機能

ビットコインについて知れば知るほど、マイニングしなければ配当を得ることができないと考えるのではないかと思います。確かに、ビットコインを入手する方法の1つとしてマイニングと呼ばれる手段があります。しかしながら、ビットコインの入手ということに焦点をあてるのであれば、マイニングによって得られる収入は、保険機能と言わざるを得ません。なぜなら、ビットコインは、マイニングをしなくても、仮想通貨の資産価値の向上によって、時間が経過すればするほど、資産が増える仕組みになっているからです。

 

②他の仮想通貨のマイニングを実施することで、リスク分散を実現

ビットクラブに参加し、仮想通貨による恩恵を最大限に得たいのであれば、マイニング先を1つに集中させるべきではありません。できるだけ、自分が有力だと思われる様々な仮想通貨にマイニングを分散させることで、リスク分散を行うことができます。ビットコインと呼ばれる投資は、5万円から始めることができますが、リスク分散も視野に入れながら運用できるため、非常に安全性が高いといえます。

 

③コインペイの代理店として、継続的な収入を得ることができる

あなたは、コインペイと呼ばれる両替所をご存知でしょうか?ビットクラブの注目のサービスとも呼ばれており、収入を安定させるために非常に重要な意味をもっています。ボーナスが得られる仕組みを理解するために、この部分に関してはしっかりと説明しておきます。

 

そもそも、コインペイとは?

コインペイとは、ビットコインを利用した決済システムのことで、サービスが利用できるお店でQRコードをスマートフォンに読み込ませることで支払いを行うことができます。日本のお店で買い物を行い決済するとなると、現金払いやクレジットカードの利用が一般的となっています。クレジットカード決済を行う場合、どうしてもお店は決済手数料を支払う必要があります。

この決済手数料はだいたい4%以上になりクレジットカード会社に支払われることになります。そのため、必ずサービスを利用する上で必要な手数料といえます。これからは、クレジットカードではなく、ビットコインを利用することで、決済手数料を2%以下に抑えることができます。このとき、コインペイによって発生する手数料の1%が代理店に報酬として支払われることになります。

 

ビットクラブに参加しなければ、営業ができない

このとき、多くの方がコインペイのサービスだけ利用できないものかと考えるでしょう。残念ながら、ビットクラブに参加しなければコインペイによるメリットを受けることができません。コインペイを利用したいと思う企業を増やすために営業を行うためには、ビットクラブ会員になっておくことが必須条件なのです。ビットクラブ会員になれば、コインペイを導入する店舗を増やすことができ、毎月継続収入が自動的に入ることになります。様々な店舗にコインペイのサービスを導入することで、ビットコインで支払いが行えるようになります。最終的に、自分で営業をかけた店舗の販売売上に応じて、安定した継続収入が支払われることになります。それは直接的な現金ではなく、時間の経過とともに資産価値が高まるビットコインで支払われるため、非常に高いビジネスチャンスが目の前にあると感じていただければと思います。

 

④ビットクラブを拡大させることで、継続的に収入を発生させる

ビットクラブには、組織を拡大させるための仕組みが存在します。ビットクラブの参加費用の40%はマイニングに利用され、20%は、ブロックチェーンなどの新技術に利用されます。残りの40%に関しては、ビットクラブへ顧客を紹介した人にコミッションという形式で支払われることになります。これを実施するかは、個人的な判断となりますが、組織が上手くいっており、その仕組みを他人と共有できる仕組みが完成しているというのは、利用者にとっと大きなメリットとなるでしょう。

 

⑤報酬そのものがビットコインであることで、価格以上のメリットが存在する

ビットクラブに参加する大きな特典として、報酬そのものがビットコインでもらえるということがメリットとなっていると言えるでしょう。今後も間違いなくビットコインの資産価値が上がり続ける可能性が高いです。しかしながら、これらの情報は、個人的見解であり、社会的に見ても新しい技術であるため、その状況を覆すものが登場する可能性があります。そうなるとビットコインは、全く無価値なものとなる可能性もあるため、仮想通貨である以上、それだけのリスクは自分で負う必要があります。国が発行する通貨であれば、ある日を境として通貨価値が無価値になるということは、基本的にありません。例えば、現在の1万円が明日になれば0円の価値になるということは限りなくゼロに近く可能性として低いといえるでしょう。しかしながらビットコインは、0円になる可能性があるのです。だからこそ、調査と研究を重ねリスク分散をしておく必要があるのです。

 

ビットコインは、税金が1円も請求されない

ビットクラブに参加し、ビットコインによる収入を得たとしても、1円も税金が請求されることはありません。なぜなら、マイニングによって現金収入を得ているわけではないからです。そのため、サラリーマンが副業で始めたとしても、現金による収入を得なければ、税金を請求されることがないのです。資産価値が高まるビットコインとして所有していれば、仮想通貨としてそのままの利益を得ることができます。

 

⑦コインペイの加盟店が増加すれば、ビットコインを利用する会員が増え、絶対的な使用人口が増加するため、資産価値が必ず上昇する仕組みになっている

ビットクラブの会員を増やせば、上記でも説明した通り紹介コミッションを得ることができます。そのため、会員数が今後間違いなく大きく成長する要素を備えています。ビットクラブの事業が広がることで、コインペイの利用者が増加し、必ずビットコインの資産価値を押し上げるように形成されるようになっています。

 

ビットクラブに参加して、正しい投資を行うことで最大限の力を得る

ビットクラブに参加するというのは、投資を行うということです。投資である以上、最低限のリスクを負う必要がありますが、それ以上に力を拡大させる要素が完全に備わっています。しかしながら、ここまでの最小限のリスクだけで、これだけの大きなリターンが得られるビジネスモデルは、他に存在しないと言えるのではないでしょうか。ビットクラブの利益を形成する過程は、「仮想通貨としてのビットコイン」・「記録台帳としてのブロックチェーン」・「将来における仮想通貨の可能性の全て」をしっかりと網羅しています。

自分が探していたビジネスが、ここにあったと言っても過言ではありません。自分が探し求めていたビジネスが目の前に現れたからこそ、皆さんにも紹介しています。それがビットクラブの成長につながり、また、自らビットコイン投資によるリターンを最大化することにもつながるからです。まだまだ知られていないビットコインですが、今からビットクラブに参加しておくことで、最小限のリスクを負いながら、最大限の大きな利益が得られる可能性を掴むことができると思います。

 

【ビットクラブに参加して、たくさんの利益を得たいと思った方へ】

あなたは、現時点でビットクラブの参加者が、どれぐらいいるかご存知でしょうか?実は、1,500人程度しか参加者が存在していません。一般的な組織の中でも、まだまだ成長過程にある小さな組織ですか、2017年を境として間違いなくビットクラブは大きく躍進します。そのため、ビットコインについて勉強するためにも、これからご紹介する「メルマガ講座」にご登録ください。

もし、メルマガ講座にご登録いただけたら、そのお礼として、仮想通貨やビットコイン、ブロックチェーンを学習するためのeラーニングをメールと動画でお届けいたします。このメール講座を受けていただくと、3ヶ月後、ビットコインなどの仮想通貨関連において第一人者と言えるほどの知識を習得できる可能性があります。

このようなメール講座に登録すると、お金を請求されるのではと思っていないでしょうか?登録は、完全無料ですので、どうぞご自由に学んでください。こちらのサイトから登録すれば、世界中で起きている仮想通貨関連の最先端のビジネスの話題を見聞きし知見を深めることができるでしょう。

 

【当サイトからの参加特典について】

当サイトを通じて、ビットクラブの3,500ドルのコースに参加頂いた方には、会員500人を超える国内最大級のビットクラブコミュニティに参加していただきます。
そして、別途ビジネスとして取組むための無料研修会も定期的に開催させて頂きます。

他にも、大きな特典がもう一つあります!!
チャーリーを経由してビットクラブに参加し、3,500ドル以上のコースでビジネスとしてビットクラブを広げていくメンバーのためにそれぞれの専用のホームページを作り、プレゼントさせて頂きます。

こちらの製作費用は一切頂きません。無料です。
皆さんそれぞれの専用ページで集客することができるのです。ただしこのページを使って集客すること自体はそれぞれに行って頂きます。集客の方法等はウェブ等で幾らでも学ぶことができます。ご自身で学び、創意工夫をして頂く必要はあります。

 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録

お問い合わせ先

ehimenomedaka●yahoo.co.jp

●を@に変更してください。

ビットコインとブロックチェーンについて基礎から徹底的に解説

あなたは、ピットクラブのセミナーに参加し、既にビットコインの価値について、具体的に理解できているでしょうか?とりあえずマイニングすれば、収益が出るのがビットコインだと理解しているのであれば、まだまだ認識が足りないと言えるでしょう。今回は、ビットコインという言葉の意味やセミナーで頻繁に出てくるブロックチェーンの意味について具体的に説明していきたいと思います。

 

ビットコイン投資を始めたい方はこちら!】 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録

 

そもそも、ビットコイン(仮想通貨)とは?

まず、「ビットコインとは何ですか?」と言われたら、「仮想通貨です。」と多くの方が回答されるでしょう。ビットコインとは、仮想空間に存在する通貨でありお金です。つまり、円やドルやユーロやポンドと同じように、現実世界でお金として利用されています。

 

下記の動画では、ビットコインの概要を具体的に理解できます。

(動画の項目)

ビットコインとは?

ビットコインのお金の仕組み

ビットコインの始まり

ビットコインと社会の関係

ビットコイン投資者の事例

 

https://www.youtube.com/watch?v=NKyvtwxYZ9o

 

当然、この世界でお金として利用される以上、日本では円が利用されるようにビットコインにも単位があります。ビットコインで利用される単位は、BTCと呼ばれるもので、「ビーティーシー」と表記することが一般的です。実際にビットコインを数える際は、1BTCのことを1ビットコインと呼びます。しかしながら、現実世界でお金としての価値がありながら仮想通貨であるため、視覚的に見えたり、手にとって確認できたりするものではありません。あくまでもビットコインは、仮想通貨として存在しているのです。

 

仮想通貨の具体的な事例

世の中の人に、「仮想通貨について具体的にイメージできますか?」と質問すると、「全くイメージできません。」と多くの方が、回答されると思います。でも、スマートフォンが多くの人に利用されるようになり、一般の方は気づかないうちに仮想通貨を利用しています。

 

例えば、スマートフォンゲームがあります。スマートフォンでオンラインゲームを行うと、ポイントが貯まっていくでしょう。このポイントを貯めると、アイテムを入手できるためゲームを有利に進めることができます。これは、ゲーム上でしか利用できない仮想通貨です。

 

他にも、電車通勤を行う際に、1枚のカードにお金を入れて利用していないでしょうか?言いかえれば、現金を仮想通貨に変化させることで、自由に利用していることになります。当然ながら、そのカードは改札口などでしか利用できません。ビットコインも同様に、利用可能な場所でしか、通貨として利用することができないのです。

 

一般的な仮想通貨とビットコインの違い

上記の説明を見れば、ゲームや電車などの公共機関で利用されている仮想通貨と、ビットコインが何が違うのか全く分からなかったと思います。実は、目的という点においてビットコインは大きく異なります。ゲームや電車などの公共機関で利用される仮想通貨は、企業内で利用されるものであり、その組織の運営者が利益を上げるために運用されています。ビットコインは、企業単位で利用されているものではありません。国家単位で、お金の送金など経済を便利にするために作成された仮想通貨なのです。ビットコインは、世界中で場所や時間を気にすることなく利用可能な社会を目指しており、パソコンやスマートフォンをインターネットと連結し、商品やサービスの売買ができるようになっています。

 

ブロックチェーンの基礎知識

ビットコインのお金の仕組みについて理解するためには、ブロックチェーンの理解が欠かせません。ブロックチェーンとは、ビットコイン運用者の間で利用される用語であり、「ビットコイン=ブロックチェーン」ではありません。

ビットコインが仮想通貨であるならば、ブロックチェーンは、「台帳取引」です。例えば、山田さんから鈴木さんに100円が支払われたとします。つまり、100円が送金されるという取引が行われました。100円を送金するためには、その場で利用される取り決めに従う必要があり、その事実を証明するために取引結果を台帳に残す必要があります。この台帳に100円を送金した事実を記録することを、ブロックチェーンと言います。

 

ブロックチェーンは、分散共有型の管理台帳である

一般的な金融取引は、第三者による中央機関が存在しており、その管理者が取引の正当性を証明していました。ビットコインの金融システムでは、第三者による中央機関が存在しません。その代わり、同じ台帳を全員が共有しデータとして所有することで、お互いの取引の正当性を証明しています。

 

ブロックチェーンが注目される理由

なぜこのようなブロックチェーンと呼ばれる技術が注目されるのかというと、下記の3つのことが解消されると期待されているからです。

 

・手間

・コスト

脆弱性(ぜいじゃくせい)

 

例えば、国家間で貿易を行うためには、膨大な貿易書類を処理していく必要があり、銀行や参加者の間で非常に大きな手間となっています。ビットコインのブロックチェーンの基盤を利用すれば、国家間の貿易の際に、共通台帳を所有することで、取引の正当性を証明することができます。この共通台帳を利用すれば、他の金融機関の台帳にも反映されるため、大きく手間やコストが削減されるのではないかと期待されています。

 

ブロックチェーンの構成要素

ブロックチェーンは、分散共有型の管理台帳だと説明しました。これらを実現するためには、「台帳」「取引」「取り決め」の3つの概念が必要となります。しかしながら、これらの概念を実現するためには、実装技術要素について理解しておく必要があります。ブロックチェーンは、下記の4つの実装技術要素によって構成されています。

 

・分散台帳

・コンセンサス

・暗号化

・スマートコントラクト

 

分散台帳

ブロックチェーンを構成するためには、取引データを記載する台帳が必要です。ビットコイン業界は、このような分散台帳のことを「ピア(Peer)」と名付けています。ピアには、アプリケーションの連携が実行できるノンバリテデーティングピアと業務上の処理を実行や合意形成を実行できるバリデーティングピアの2種類が存在します。分散台帳の基盤システムとして取引記録を残す必要があるため、高い安定性と止まらない基盤であることが基本的な条件となります。

 

コンセンサス

ビットコインのブロックチェーンは、参加者全員が同じ分散台帳を所有しているからこそ、取引記録として意味を持ちます。コンセンサスによる技術は、参加者が所有する取引記録が安全であり、同じものが記録されているか検証する際に利用されます。参加者間で合意形成する場合、膨大なトラフィックが発生することを考えて、高速ネットワーク通信ができる状態でなければいけません。

 

暗号化

ブロックチェーンは、認証機能、電子署名機能を利用することで、機密保持や取引の正当化を実現しています。ブロックチェーンのネットワーク上では、参加者すべてのトランザクションが暗号化されるようになっているため、高速の暗号化と復号が実現できなければいけません。また、鍵自体や証明書を保管しておく必要があり、台帳を分散管理することから、セキュリティを確保しなければいけません。

 

スマートコントラクト

上記で、すべての取引においてトランザクションが実行されると説明しましたが、その際に実行されるプログラムのことをスマートコントラクトと言います。

 

ビットコインを使うメリット

現在、世界中で利用可能なビットコインですが、なぜを多くの人が利用しているのでしょうか。今からビットコインを利用するメリットについて考えていきます。

 

①手数料無料または格安で送金できる

②個人間で直接送金ができる

③複雑な手続きが存在しない

 

①手数料無料または格安で送金できる

ビットコインを送金する場合、一般的な銀行と呼ばれるような組織が存在しません。そのため、手数料を支払うことなく(または格安で)送金できます。外国に住む友人にお金を送金する場合、ビットコインを利用していれば、今まで必要だった手数料も、ほとんど必要なくなるということです。ビジネスを行うにしても、支払いの際に一定の手数料を支払っていると利益率が下がってしまいますが、ビットコインを利用していれば、利益率を下げることなく、安定したビジネスが実現可能です。

 

②個人間で直接送金ができる

ビットコインを利用した支払い方法は、外国に住む友人に直接、お金を手渡しするように直接送金が可能です。銀行などの組織が仲介していないだけで、個人間で自由な取引ができてしまいます。

 

③複雑な手続きが存在しない

ビットコインは、銀行を仲介することなく送金できるため複雑な手続きを必要としません。様々な国が多様な通貨で取引する場合、価値による変動から複雑な手続きを必要としていました。ビットコインは、世界共通の通貨ですので、特定の国で価値が高く、ある国では価値が低いということがありません。ビットコインは、複雑な手続きを必要とせず、また制限も受けることなく、世界中で利用可能な通貨となっています。

 

ビットコインのマイニング(発掘)について

ビットクラブのセミナーに参加されている方であれば、マイニングという言葉をご存知でしょうか?マイニングというのは、日本語訳すると発掘という意味です。しかし、ビットコインの間で利用されるマイニングは、何かを発掘するわけではありません。ビットコインの取引記録をすべて取引台帳に残すことをマイニングと言います。ビットコインにおけるマイニングは、ただ取引台帳に取引記録をすべて記録すれば良いというわけではありません。対象期間で発生した取引データに誤りがないか整合性をとりながらすべて記録していく必要があります。

 

有志のコンピューターの計算能力を借りる

ビットコインの取引台帳の整合性を保つための計算は、コンピューターで実現可能なのですが、作業量が非常に膨大なため、有志のコンピューターを利用して計算を進めます。この取引台帳の整合性を保つ作業を手伝ってくれた人には、ビットコインが支払われることになります。言いかえれば、取引台帳の運用において尽力してくれた人に対して、報酬が支払われているということです。まさに、ビットコインは感謝の形として支払われる報酬なのです。また、ビットコインは、マイニングでしか新規発行されることはありません。このマイニングのおかげで、取引台帳の整合性が保たれ、世界中の国々のどこからでも送金可能となっています。

 

マイニング(発掘)で発生するビットコインには、限りがある

ビットコインは、マイニングによって、無限に生み出されるわけではありません。発行される量が定められており、総発行量に関しては、事前決定されています。なぜならば、一気にビットコインの発行量が増えるとインフレーションが発生してしまうかもしれないからです。ビットコインの総発行量をお伝えしておくと、2140年までに2,100万ビットコインとなっていますので、それまでに計画的な運用を考えておく必要があります。

 

ビットコイン投資を始めたい方はこちら!】 

ビットクラブに会員登録

お申込み代行をご希望の方は、こちら

無料メルマガ登録

無料LINEメルマガ登録